投稿日:2023年9月25日

知っておきたい!外構工事の雨天時の対応とは

こんにちは!神奈川県相模原市を主軸として、外構工事に携わっております株式会社水橋工業です。
外構工事では、雨天時にはどういった対応をとるのでしょうか。
そこで今回は、外構工事の雨天時の対応について解説いたします。
外構工事に携わってみたい方は、参考にしていただければ幸いです。

雨天時の外構工事は不可

ブロック
雨天時には外構工事を行うことができません。
雨によって施工不可な作業もあることから、基本的に休工となります。
また、6月や7月の梅雨の時期に工事の依頼が入ることもあり、梅雨の時期に施工ができないというわけではありません。
6月から7月には、カーポートやテラス屋根、バルコニー屋根設置などが多く依頼されます。
それは、梅雨に向けての対策のためです。
また、雨の多い梅雨には、他の季節と比較して工期が延びるケースが多いです。
このように雨の日には工事が休みとなることを知っておきましょう。

コンクリート打設の仕上がりに影響する

雨の日は、コンクリート打設の仕上がりに影響が出ます。
エクステリアを土間コンクリート仕上げにする場合には、雨の日は作業が中止されます。
それは、コンクリート流し込みの作業中に雨が降っていた場合に、品質が低下しかねないからです。
コンクリートの水分量に影響が出ることが原因です。
小雨程度であれば問題はないものの、本降りとなった場合には作業ができなくなります。
そして、コンクリートを仕上げる際に雨が降った場合にも、作業はできません。
コンクリートに跡がついてしまい、表面を滑らかに仕上げることが不可能になることが理由です。
そのため、コンクリート打設を行う日には天候に注意をする必要があります。

防水処理のコーキングもNG

外構工事においては、防水を目的としてコーキングを行うことがあります。
コーキングも、雨の日以外に実施する必要があります。
防水性の高いコーキング材は、水を弾くものです。
雨の日には施工した部分が濡れることから、目地にコーキングが密着しなくなってしまいます。
またリフォームでコーキングを打ち直す場合に、古いコーキングを取り除いた部分に雨水が入り込んでしまうでしょう。
建物の内部に水が侵入しやすいため、雨の日はコーキングを避けなければなりません。

【求人】水橋工業では新規スタッフを募集中!

空中STEP3
株式会社水橋工業では、土木作業員や重機オペレーターとして働いていただける新規スタッフを募集しております。
弊社ではスタッフのやる気を重視しており、入社後に放置することや質問に答えないといったことは一切ありません。
安心して就業できる環境を整えて、あなたのご応募をお待ちしております。
土木工事の現場で働きたい方は、ぜひ弊社にご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

造成工事・外構エクステリア工事は、神奈川県相模原市の株式会社水橋工業へ
株式会社水橋工業
〒252-0317
神奈川県相模原市南区御園3-22-5
TEL:090-5205-7377 FAX:042-856-3226


関連記事

雨水浸透トレンチ工事

雨水浸透トレンチ工事

雨水浸透トレンチ工事 各種土木工事のご依頼は、神奈川県相模原市の株式会社水橋工業までお問い合わせくだ …

私たちと共にワクワクする仕事をしませんか?

私たちと共にワクワクする仕事をしませんか…

造成工事を主力業務に、外構・エクステリア工事などを行なっている神奈川県相模原市の『株式会社水橋工業』 …

【大工を求人募集中!】内装工事で活躍したい方必見です!

【大工を求人募集中!】内装工事で活躍した…

相模原市などで内装工事の大工として活躍したいとお考えの方はいらっしゃいませんか? ぜひ、神奈川県相模 …

採用情報  お問い合わせ